MENU

公的バンクと民間バンクの違い

預けた臍帯血の用途 が異なります。

 

臍帯血は寄付になります。

 

公共事業にあたる公的臍帯血バンクは、病気で苦しむ方や研究のために臍帯血を利用します。
したがって臍帯血を寄付することになりますので、お子さんや兄弟で使用する個人利用はできなくなります。

 

臍帯血を本人と親族で使います。

 

お子さんの将来の万一に備え臍帯血を保存しておくのが民間臍帯血バンクです。
本人であれば白血球の型は100%一致しますので、拒絶反応の心配はありません。

 

また、25%の確率で兄弟にも適合しますので、ご家族にも提供できる可能性も広がります。
お子さんの将来のに備えて、民間臍帯血バンクを利用するご家族は年々増加傾向にあります。

 

※当サイトは民間臍帯血バンクのご紹介です。

関連ページ

ご契約と保管までの流れ
臍帯血保存・保管・費用ご契約と保管までの流れ。
費用とお支払い方法
臍帯血保存・保管・費用とお支払い方法。
Q&A
臍帯血保存・保管・費用良くある質問Q&A。