産後の子宮(膣)

  • HOME > 産後の子宮(膣)

産後の子宮(膣)

出産を終えると広がった子宮が収縮し始め、元に戻ろうとします。これを収縮痛(後陣痛)と言います。 元の状態に戻るまで1〜2か月ほどかかります。 痛みを伴いますが子宮が順調に回復している証拠です。

出産後、膣がゆるくなるのではと心配する方もいますが、出産前と全く一緒の状態とは言い切れないものの、 性交渉しても分からない程度の違いですので心配はいりません。

出産後は骨盤が元に戻っていない場合や、子宮が元に戻らない状態で性交渉をすると痛みを感じます。 産後は思うようにできず、夫に悪いなと思うこともあると思いますが、出産後の女性の体はそういうものと 話して、理解してもらいましょう。男には女性の苦労はなかなか分かりませんので。

子宮下垂、子宮脱、膀胱脱

出産後、子宮が思うように収縮せず、子宮下垂、子宮脱、膀胱瘤(膀胱脱)の症状が出る方がいます。 子宮が下がり気味かなと思ったら疑ってみましょう。

【子宮下垂】
骨盤底の筋肉やじん帯が出産でゆるみ、子宮や膣が下がる状態のこと。

【子宮脱】
子宮の一部が腟口まで垂れ下がってきていること。

【膀胱瘤】
膀胱が膣から落ちてくる状態のこと。

出産後の子宮の回復とともに症状が治まる方もいますが、リングやペッサリーを入れたりして改善させる方法もあります。 膣がゆるみ、水や空気がは入りやすくなることもありますので、医師や助産師さんにに相談するなどしてみましょう。

不安な部分は早めに解消して素敵なマタニティーライフを送りたいですね。


コンテンツ一覧

☆楽天市場☆

産後の買物はネットで♪
ポイントも貯まります!