産後の体重

  • HOME > 産後の体重

よく読まれているページはこちらです。

【1位】 産後太り

【2位】 産後のセックス

【3位】 産後のバスト

産後の体重

出産によって体重が減少するのは、赤ちゃんや胎盤などを含めて約5〜6kgです。 妊娠中は脂肪が蓄えられるため、産後の体重は5〜10kg増えていますので、出産すれば自然と元の体重に戻るというわけではありません。


体重は産後6ヵ月以内に元に戻さないとその後は落ちにくくなりますので、その対策が必要になってきます。
そこで先ず気をつけなければいけないのは食生活

脂っこい食事は避け、野菜や魚などのヘルシーな和食を中心とし、1日の摂取カロリーは2,000kcal前後、 母乳の場合は+400〜500kcalが目安です。

もちろんお菓子やジュースなどの間食は避けたいところですが、産後はどうしても食べたくなる場合があります。 その場合は量を制限したり、飲み物はお茶にするなどの体重を増やさないための摂生が必要です。

母乳と体重

母乳、特に完母の場合はカロリーを消費しますので体重が落ちやすいと言われます。

しかし、産後はついつい食事量が増えてしまいがちですので、場合によってはこんにゃくやところてん、お豆腐など 低カロリーのものを食べ、母乳での消費カロリーを上回らないように気をつけたいところです。

産後は早く元の体重に戻そうと焦りがちですが、無理に体重を落とすことは体調不良の原因にもなります。 少しづつ落としていくように心がけましょう。

コンテンツ一覧

産後の体
産後の体ケア
産後、こんな症状が出たら…
産後の「性」のこと
知っておきたいこと
☆楽天市場☆

産後の買物はネットで♪
ポイントも貯まります!